牡丹に蝶、オレにはBlack Music

BLACK MUSIC好きな1-SHOW(いっしょう)が送る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

10月に買ったCDたち①・・・Thank you Baby/The Stylisticsを買いました

20071112013914.jpg


ミーハー(死語?)

愛がすべてのイントロの「ちゃらららぁ~♪」を聴きたくなったわけです。
ディスコといえば、軽いとかって批判されることが多いですし、キムタクがやってたギャッツビーのCMのBGMにカバーが使われていたということから再認識され、広がったということもあり、軽い印象が強まったように思います。


スポンサーサイト
CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:2 | トラックバック:0 |

9月に買ったCDたち⑪・・・If You Come Back To Me/Dramatics

20071112012131.jpg


ヤフオクに出ていたのです。Dramatics聴きたいなって思ってた時期だったし、国内盤ということもあって、入札しました。99年の作品。
あぁDramaticsだと頷ける内容。ま、そういえるほどDramaticsを知らないですけど、説得力があります。
ちょっとセピアがかった色調のジャケも、ほんのりいい感じ。
ただ、新しいだけに、トラックの音が鮮明すぎて・・・昔のアルバムの方がローファイな分、趣があるかな。

リンク(ここから試聴できます)
HMV:If You Come Back To Me/Dramatics

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |

9月に買ったCDたち⑩・・・Aretha Now/Aretha Franklinを買いました

20071112011545.jpg


8月31日購入。まぁ、彼女ほどの大物になると、ネットやレコードガイドなどでも、「名盤はこれ!」みたいな意見をいろいろと耳にします。その中のひとつが、これですね、Aretha Now。
映画『BLUES BRITHERS』でも歌われていたTHINKが収録されています。他、Sam CookeのYou Send Meなど、カバーも充実。「Arethaが歌うと、ロックもSOULになる」とは、名表現ですね。確かに、SOULって何?と聞かれれば、「Arethaを聴け」って応えるかも。

ウィキペディアのArethaの項に、前述の映画『BLUES BRITHERS』で完全にリップシンクできていないのは、同じ曲を2度と同じように歌えないからと、ありました。むしろ、それがSOULだなと思うわけです。
魂をこめて歌うのですから。絶えず同じ気持ちでいることはできないでしょ?

そんなQueen Of Soulの名盤の誉れ高いアルバム。けっこう聴いています。

リンク:ここから試聴できます。
HMV:Aretha Now/Aretha Franklin
CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:2 | トラックバック:0 |

9月に買ったCDたち⑨・・・Best Of Rose Royce: Car Wash/Rose Royceを買いました

20071024031142.jpg

これも9月6日のHMVの通販。
タイトル曲は、正月にTVでみて、DVDまで買ってしまったFUNKYな映画『アンダーカバーブラザー』のエンディング曲でした。さらに、mixiで知り合った方も記事にされていました。

何せ、手拍子が耳につくのですよ。
正直、タイトル曲ばっかり聴いているのですが、手拍子がとにかく気持ちいい。
軽快で、ミラボールが似合う。

リンク(ここから試聴できます)
HMV:Best Of Rose Royce: Car Wash/Rose Royce

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |

9月に買ったCDたち⑧・・・Dells Vs Dramatics/Dells 、Dramaticsを買いました

企画ものといってしまえば、それまでなのですが、DellsとDramaticsの夢の共演です。9月6日HMVの通販にて。
オリジナルは、74年の作品です。
安かったというのも(1000円を切っていた)理由ですが、ネット上での評判はよかったのですよ。
私の感想としても、良曲が多いなと。
でもですねー、気に入らないのがジャケなのです。
オリジナルだと、両グループがみんなでバスケをやっているイラスト

445317_0.jpg


現行だと、メンバーが横並びになっているだけ。しかも、写真は最近っぽいのです。

20071024030427.jpg



リイシューは悪いことじゃないとは思うのですが、ジャケなどは当時の雰囲気を残して欲しいなと思うわけです。

リンク:ここから試聴できます。
HMV:Dells Vs Dramatics

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:2 | トラックバック:0 |

9月に買ったCDたち⑦・・・Dramatic Jackpot/Dramaticsを買いました

20071009010704.jpg


9月6日。HMVの通販にて。
mixiで知り合った方からDRAMATICSの話を聞きまして。1stしかもっていなかったので、聴きたくなったのです。
このアルバム、Billy Paulのカバーである有名な"Me and Mrs.jones"が入っています。山田詠美も短編小説の題名にしているくらい。
いわゆる、不倫ソングなんですが、これ、切ないです。でも、よく聴いています。あ、でも、不倫したいわけじゃないです。
もちろん、他にも心惹かれる曲があります。秋の夜、聴き込んでいるアルバムです。

益荒男ぶりとか、手弱女ぶりとかあったじゃないでDramaticsって、まさに益荒男です。メンバーチェンジがあって、全体の雰囲気が1stアルバムとは違っていますが、それでも、一本スジの通った力強さは変わっていないように思います。

70年代の優しい演奏に、カシミヤのコートのように柔らかく暖かいコーラスに包まれるのも、いいものです。

ここから試聴できます
HMV:Dramatic Jackpot/Dramatics

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:2 | トラックバック:0 |

9月に買ったCDたち⑥・・・Master Plan: Complete Recordings 1974-78/Kay-geesを買いました

20071009005256.jpg

これも9月6日にという嫡子他CD。
KOOL & THE GANGの弟分としてデビューしたそうです。彼らもmixiで知り合った方の記事で知ることができました。
私は、70年代のFUNKが好みなのですが、KOOL & THE GANGのその辺のは取り分け好きだったりします。かっこいいんですよ。
で、Kay-Gee'sも聴きたくてたまらなかったのですが、上京した際もみつけることができなくて、結局、通販で買ったわけです。
やはり、かっこいいです。初期のKOOL & THE GANGみたいだというお話を聞いてはいたのですが、まさにその通り。ちょっと不良っぽいサウンド。スカっと入るホーンが上へ上へと駆け上がる。踊らずにいられないGroove。
気持ち、ポジティブになれます。

これは2枚組のベスト(といってもタイトル通り、ほとんどの曲は入っています)ですが、気持ちあげたいときに聴いています。
うひょひょです。

ここから試聴できます
HMV:Master Plan: Complete Recordings 1974-78/Kay-gees

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |

9月に買ったCDたち⑤・・・Too Hot To Handle/Heatwaveを買いました

20071009004806.jpg

9月6日着のHMVの通販。
深夜にかかっていた通販番組。ディスコサウンドをチョイスしたというものでした。そして、耳に残るフレーズとまた出会ったわけです。

ぶ~ぎないつ♪
ぶ~ぎないつ♪

という、純朴なコーラスが耳に残るわけです。
で、HMVの通販で買ったわけなのですが、意外にアルバムFUNKYな曲が多い。スロウな曲も雰囲気を作ってたりする。

単純なコーラスに引かれて、聴き応えのあるアルバムにたどり着きました。

ぶ~ぎないつ♪

ここから試聴できます
HMV:Too Hot To Handle/Heatwave

例の曲のP.V.もありました☆

9月に買ったCDたち⑤・・・Too Hot To Handle/Heatwaveを買いました…の続きを読む

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |

9月に買ったCDたち④・・・Hearsay/Alexander O'nealを買いました

Hearsay.jpg


スーツを着てダンスをする男、Alexander O'nealです。
これは、彼の2ndアルバム。
以前、私は、欲しかった1stの国内盤をブックオフで発見したのですが、手持ちがなく諦め、次に行ったときには、売れてしまっていたという事件があったので、9月5日、今回は即買いでした。
バラードもいいですが、ダンスナンバーもいいAlexです。当時、ジャネット・ジャクソンで飛ぶ鳥を落とす勢いだったジャム&ルイスがプロデュースしています。各曲の前にskitが入るというジャネットでもやった演出がこのアルバムでも使われています。

ここから試聴できます。
HMV:Hearsay/Alexander O'neal

スーツ姿で踊る動画もありました



9月に買ったCDたち④・・・Hearsay/Alexander O'nealを買いました…の続きを読む
CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:2 | トラックバック:0 |

9月に買ったCDたち③・・・Rhythm Of Love/Anita Bakerを買いました

20071009003732.jpg


ネタ探しにyou-tubeみていて、初めて彼女の歌声を耳にしたのですが、はまりました。ちょっと物悲しいような歌声、クセになります。夜に聴きたいアルバム。
ブックオフで、500円だったのは、ラッキーでした。9月5日購入。

ここから試聴できます
Rhythm Of Love/Anita Baker
9月に買ったCDたち③・・・Rhythm Of Love/Anita Bakerを買いました…の続きを読む

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |

9月に買ったCDたち①・・・Casablanca Years 1974-1980/PRLIAMENT part2

昨晩、ダウンしちゃったので、続きです。パーラのBOXの後半ですね。

☆Funkentelechy Vs.Placebo Synd
nandakanagainamae.jpg


私の大好きな曲、“BOP GUN”が収録されています。
このバップガンで撃たれた人は、FUNKに目覚めるという。これで、FUNKのない惑星を目覚めさせていくわけです。
これに対抗して、スヌーズガンを持つライバル、サー・ノーズが登場。スヌーズガンで撃たれると、FUNK感覚が麻痺して常識人になるという・・・
ここに宿命の対決がはじまるわけです。トムとジェリー、ルパンと銭形のとっつぁんの関係式が成り立つわけです。
などというストーリーはおいといても、歴史的超大作といわれる名曲“FLASH LIGHT”が収録されています。天才バーニー・ウォーレルの奏でるキーボードベースが縦横無尽にうねりまくります。これぞP-FUNK。
そういえば、この曲、Dreもサンプリングしてます。それに、先日来札したICE CUBEも、まんま“BOP GUN”という曲もつくってます。みんなから愛されているアルバムなわけです。

ここから試聴できます

HMV:Funkentelechy Vs.Placebo Synd/Parliament


☆Motor Booty Afair
20071007150513.jpg

ガンダムでいえば、「大西洋血に染めて」です。つまり、水中決戦なわけです。
ガンダムでも水陸両用型のモビルスーツがいたように、ファンケンシュタインとサー・ノウズにも、それぞれMr.ウィグルと○○という水の得意な仲間が登場して・・・挙句の果てには、GROOVEでムー大陸を海底からひっぱりあげるという壮大なストーリー。こういうスケールの大きさは、FUNKだからこそですわ。
アルバム全体が華やいでいて、ミュージカルのようです。
このアルバムから、曲作りのスタッフが入れ替わり、振幅の大きなウネる曲は影を潜め、手拍子の効いた軽快な曲が増えます。

ここから試聴できます

Motor Booty Affair/Parliament


☆Gloryhallastoopid (Or Pin The Tail On The Funky)
Gloryhallastoopid.jpg


サー・ノウズによってスターチャイルドがロバにされて・・・という話。
ウルトラマン・タロウの危機に父がやってくるように、ここでファンケンシュタインが登場して、逆にサー・ノウズをFUNKに目覚めさせます。
このアルバム辺りから評価は下がってくるわけですが、全盛期に比べると見劣りはするものの、このアルバムも軽快で他にはないよさはあると思います。
実は、意外と聴きこんでいたりします。

ここから試聴できます

HMV:Gloryhallastoopid (Or Pin The Tail On The Funky)/Parliament


☆Trombipulation
Trombipulation.jpg

このアルバムで、サー・ノウズの鼻はテングの鼻からファンキーな象の鼻になり、一件落着となるわけです。
P-FUNKという一時代、栄光のPARLIAMENTはこれにて崩壊します。

ジェイムス・ブラウン→SLY→P-FUNKとFUNKの時代は流れます。
『ファンク 人物、歴史、そしてワンネス』によれば、他のファンクバンドにも、P-FUNKは多大な影響を与え、例えば、宇宙をテーマにさせたりだとか、キャラづけさせたりなどなど。具体的に書いてもいいのですが、キリがないので。
そして、80年代に入り、MIDIの登場などにより、BLACK MUSICは打ち込み(コンピューター音)が主流となっていきます。
大所帯のFUNKバンドは減っていったわけです。
さらに、そこから90年代にサンプリング技術が発達し、HIP HOPが全盛となります。
DR.DREのG-FUNKなど、西海岸のHIP HOPによって、P-FUNKはサンプリングされ、再び注目を集めます。

現在、そのHIP HOPも打ち込みが増えています。

私の話をすると、昨今の打ち込み主体の音に急に飽きてしまい、3年ほど前から70年代(ちょっぴり60年代と80年代も)に傾倒していったわけです。
北のFunkateer、1-SHOWの誕生です。
ということで、長くなりましたが、ParliamentのBOXのレポートでした。
CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:1 |

9月に買ったCDたち①・・・Casablanca Years 1974-1980/PRLIAMENT part.1

20070925002037.jpg

長いタイトルですが、天下のP-FUNK本隊、PARLIAMENTがカサブランカで74年~80年の間に発売したアルバム10枚を揃えたBOXです。
全て紙ジャケ仕様で、デジタルリマスターされています。ジャケは、当時のLPのジャケットを縮小して再現。当時ついていたオマケも、ポスターなど縮小して付属しています。さらに、アイロンプリントだったオマケは、タトゥーシールになっているなんて、頓知の利いたものまであります。
河地依子さんによる30ページ以上の解説書も内容が充実していて、読み込んでいます。
こゆ~いP-FUNKワールド、堪能できます。

P-FUNKとはなんぞや?という方は、こちらをどうぞ。BLACK MUSIC史に残る最大規模のバンドです。

HMV:P-FUNK入門


☆Up For The Down Stroke
20070925003258.jpg

振り幅の広いFUNKチューンから、ギターが鳴り響くサイケな曲あり、幕の内弁当。でも、どれも逸品です。

ここから試聴できます

HMV:Up For The Down Stroke/Parliament


☆Chocolate City
20070925004212.jpg

もちろん、【チョコレートでできた街】みたいなメルヘンではありません。巧みに陽気に現実を皮肉るFUNKの真骨頂。
「モハメド・アリがホワイトハウスの親分になっても驚くなよ。財務長官はアイク・ターナー牧師。芸術長官はスティービィー・ワンダー、ファーストレディーは、アレサ・フランクリン」なんていう歌詞です。そんな街、行ってみてぇー。

ここから試聴できます。

HMV:Chocolate City/Parliament


☆Mothership Connection
mothershipconnection.jpg


以降は、前述のP-FUNK入門にストーリーが出ていますが、宇宙を舞台にした壮大なオペラが展開します。

その序章たるこのMothership Connectionでは、

マッドサイエンティスト(?)ファンケンシュタインが宇宙にFUNKを広めるため、自らのクローンを作成、宇宙に展開します。
その一人、スターチャイルドが地球に舞い降りて(しかも、ニューヨークの貧民街に着陸する)・・・というストーリー。
P-FUNKの語源にもなったという“P-Funk (Wants to Get Funked Up)”を収録してます。

ここから試聴できます。

HMV:Mothership Connection/Parliament


☆Clones Of Dr Funkenstein
20070925010516.jpg

タイトル通り、ファンケンシュタインが宇宙征服を目論み、クローンを作ってるって話。
これが、アルバム全体がちょっち重いのです。そして、このドス黒いGROOVEこそ、P-FUNK。印南敦史氏曰く「マクドナルドのハンバーガーみたいに、万人受けする音じゃない」というわけです。

ここから試聴できます。

Clones Of Dr Funkenstein/Parliament

☆P-funk Earth Tour
20070925011413.jpg

観客は、すっごく熱狂しています。暴動がおきるような大声援。
その状況下で、進行するライブ盤です。
P-FUNKの入門盤とも言われているこのアルバム。ライブ盤の苦手な私も、これはハマります。しかも、2枚組。濃いです。

ここから試聴できます。

P-funk Earth Tour/Parliament


眠くなってきたので、前半はこれにて。
パーラのBOXについての後半は、また後日。

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:1 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。