牡丹に蝶、オレにはBlack Music

BLACK MUSIC好きな1-SHOW(いっしょう)が送る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Peaceful Journey/Heavy D & The Boyz

B000002OGP.01hp.jpg

Heavy D & The Boyzの大ヒット作「Peaceful Journey」です。
Heavy D & The Boyzは、ラッパーHeavy Dとダンサーが2人。そして、DJ Eddie Fの4人。当時、Def Jamと並ぶほどの勢いがあったUPTOWNレーベルに籍をおき、「ADVISORY」のつかない、健全なグループとして、活躍していました。レーベルのキャラクターの猫がナイキの靴をはいていることから、「NIKE」なんて曲を出し、RUN DMCの例のヤツと比較されたこともあります。
ダンサーの一人、トゥロイが交通事故で死去。彼を偲ぶ形でこのアルバムは発売されました。なので、ジャケがこんなに暗いわけです。
Heavy Dは、後にUPTOWNのCEOを勤めるほどの人脈があり、Diddy、Biggie、K-Ci&JOJOらと大いに関わっています。さらに、PETE ROCKはイトコ!その頃、彼はエディF主催のUntouchablesに所属していたのですよ。
91年の作品です。時は、NEW JACK SWINGの全盛期。1) Now That We Found Loveは、GUYの御大テディ・ライリーがプロデュース。ダンス甲子園で使われ、日本でも私くらいの年代の方は、みんなご存知でしょう。しかも、ボーカルで客演しているのは、同じくGUYのアーロン・ホール。自然と体が動きます。
5)Don't Curseでは、Booker T. & The MG'sのHip Hug-Herを大胆にサンプリング。メンツが豪華で、腰抜かしますよ。なんと、Big Daddy Kane、Kool G Rap、Grand Puba、C..L.Smooth、Q-tip、Pete Rock!ラップ界の重鎮たちですよ。しかも、この曲は放送禁止用語(Curse)を使うなっていうリリックをかまします。こんな曲、二度と作れませんよ。
続く6) Peaceful Journeyでは、K-Ci&JOJOが若い声を聴かせてくれます。

私がこれを買ったのが94年の5月。大学1年のときです。私の耳を鍛えてくれた1枚。これが私が本格的にHIP HOPを聴くようになったきっかけです。
スポンサーサイト

テーマ:Hip Hop - ジャンル:音楽

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<RAKIMがアルバム出すよ | HOME | 好きなフレーズその6:N.Y.State Of Mind/Nas>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。