牡丹に蝶、オレにはBlack Music

BLACK MUSIC好きな1-SHOW(いっしょう)が送る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

風とともに去りぬを見ました

すっげぇ、久しぶりにみた。
5時間は長かった・・・
ただ、メインになるスカーレット・オハラやレット・バトラーよりも、南北戦争期の話だけに、南部のプランテーションで働く黒人奴隷の姿が気になった。農場主と小作農の関係とか、小作農の中にも身分制があったり、白人のお嬢が居眠りをしているときに、黒人の少女が孔雀の団扇であおいでいたり・・・
もちろん、スカーレットの我が侭っぷりやレットの男らしさ、ビビアン・リーの細いウエスト(45cmらしい)なんかもいいのだが、そういうのも忘れちゃいけないことだと思う。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<チェケラッチョ!! | HOME | Just Business/Dj Premierを買いました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。