牡丹に蝶、オレにはBlack Music

BLACK MUSIC好きな1-SHOW(いっしょう)が送る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

さらば、わが愛/覇王別姫 をみました

チャンネルnecoでさらば、わが愛/覇王別姫 という映画をやっていました。中国と香港の合作、1993年の作品です。
簡単にいうと、京劇役者の50年に渡る愛憎劇ということになるのですが、耽美な世界にのめりこんでしまいました。
朝5時までですよ。しかも、9時に会社からの電話で起こされました。これから、仕事です。それはともかく、3時間に渡る大作。
故レスリー・チャンが天才と言われているのが実感できますよ。役としては、京劇の女形なのですが、ほんとにキレイ。時ととして、嫉妬を前面に出す表情、阿片に溺れる様子、絶望の表情、ラストの微笑み、惹かれます。
清王朝の崩壊、共産党の台頭、文化大革命、中国の大動乱の時代背景にも予備知識無くすんなりと受け入れられました。
日本で花というと桜ですが、中国で花というと牡丹なんですよ。華やかなんですよね。邦題は さらば、我が愛ですが、原題は覇王別姫です。京劇のひとつで、項羽が虞美人と死別するという、あの四面楚歌を題材にしたものです。このタイトルの差も、価値観の違いをあらわしているように思います。映画をみると、どっちが相応しいか、わかるというものです。
カンヌでパルムドールを受賞しています。

リンク
産経新聞:淀川長治の銀幕旅行
スポンサーサイト

テーマ:TVで見た映画 - ジャンル:映画

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Heavy Rhyme Experience: Vol. 1/Brand New Heaviesを買いました | HOME | ボーリング>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。