牡丹に蝶、オレにはBlack Music

BLACK MUSIC好きな1-SHOW(いっしょう)が送る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Kero 1のWindmills Of The Soul買いました

kero

Kero 1のWindmills Of The Soulです。
前述のEric BenetといっしょにTOWER Record札幌PIVOT店にて購入。


全てはJAZZMATAZから


以前から、オルタナティブ・ヒップホップを聴きたくてたまりませんでした。
しかし、ROOTSはリリックが重く、コモンは好きになれませんでした。
そうこうしているうちに、HMVのHPで、GURUのJAZZMATAZをきいて、ビビっときましたが、給料日前・・・タワレコに1枚あるのを発見したのですが、諦めました。
で、給料日翌日の1日、楽しみにして行ったらないのですよ。店員にきくと、在庫はあるはずなのだが、わからないと言うのですよ。
翌日、係りの方から電話をいただいたのですが、結局無かったそうです。仕方なく、HMVや新星堂などにもTELしたのですが、在庫切れ。
Ericを買いに、トボトボとタワレコに行きました。未練がましく、JAZZY&MELLOWなんて書いてあるコーナーで試聴していたところ、キターーーーーーーー!!!!
ケロをハケーン!
他にもクラウンシティロッカーズとか、インサイトとか、気になるのはあったのですが、このケロの試聴には、一発でノックアウトでした。
CL.SMOOTHを思い出させる渋いラップ。古きよき時代を匂わせるピースフルなトラック。実家の両親にきかせてもいいようなハートウォームなムード。一気に虜になりました。

彼のルーツ

タワレコの帰り、食事をしながらライナーノーツに目を通していたところ、驚愕の事実が・・・!
なんと、ケロはコリアン・アメリカンだったのです。
確かにジャケットの顔は東洋系でした。
ただ、生まれも育ちもアメリカ西海岸なので、英語はスムースで違和感はまったくないです。
それに、このジャジーなサウンドは、最高です。
人種とか、関係なしに、すばらしい音楽を作り出すことができるのだという1つの証明でもあるでしょう。

ソウルの風車

風に吹かれ風車が回りだすように、自然と耳に心地よく、通勤途中、このアルバムを聴いていると、会社に到着して、プレイヤーを停止させるのを躊躇ってしまいます。
隠れた名盤です。
スポンサーサイト

テーマ:Hip Hop - ジャンル:音楽

CD購入:HIP HOP | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<KENNETH COLEのシャツ買いました | HOME | Eric BenetのHurricaneを買いました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。