牡丹に蝶、オレにはBlack Music

BLACK MUSIC好きな1-SHOW(いっしょう)が送る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ブラックミュージック この1枚/印南敦史を買いました


印南氏はBMRのレビューなどを手がけているフリーライターです。昨夜、本をいろいろと検索していたら、ひっかかったのですよ。
Amazonのレビューがよさげだったので、立ち読みしてみたら、これまた面白い!
タイトルをみると、よくあるガイドのように思えますが、どっちかというと、著者のエッセイまじりで、微笑ましかったり、うんうんと頷けたり、立ち読みしながら、噴出してしまった記事もあります。
オールドスクールラップに対するネイティブ・タンのように、肩肘はらずに読めます。この曲は、こういうところがよくて、云々と、薀蓄を並べられても、つまらないですしね。
読みやすさ、内容の楽しさ、かといって、アルバム紹介のはぶれていないのですよ。
分厚い文庫なのですが、その分、長く楽しめそうです。

リンク
印南敦史の武蔵野音楽日記
日刊 印南敦史
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

読書 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『クーデター』と『猛禽の宴』/楡周平を買いました | HOME | パッチ・アダムスと夢の病院―患者のための真実の医療を探し求めて /パッチ・アダムス、モーリーン マイランダーを買いました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。