牡丹に蝶、オレにはBlack Music

BLACK MUSIC好きな1-SHOW(いっしょう)が送る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Nuttin' But Love/Heavy D&The Boyz---自然科学概論

友人の隣で・・・

自慢のひとつなのですが、私は、大学へ7年ほど通っています。
理由は簡単。単位を落としたから。講義の態度に、抗議されるような学生でした。
その中でも、自然科学概論は、大教室で大人数相手に、もごもごとしゃべる、老年の講師が学生の興味のないことを講じるという最悪のパターンだった。私語が多く、ざわつきが消えることはなかった。
私は、その時間をよく利用して、音楽鑑賞していました。
ある日の講義の終了後、気が付いたら、私の周りに人がいません???
いっしょにうけていた友人に理由を聞くと、
「ウォークマン聴くのは自由だけど、口ずさむのはやめてくれ。気味悪がってみんな離れていったぞ。オレも恥ずかしくて離れた」
ということなのだそうだ。

The Boyzがいっしょなのはこれが最後

Heavy D&the Boyzの実質的最終アルバム『Nuttin' But Love』は、それほどの名作でした。このあとは、Heavy Dがソロになります。
放送できない言葉を使わないラッパー、Heavy Dのラップは、このときが頂点といえるほどに軽快です。黙っていても、身体が揺さぶられます。
こういうスタイルのアルバムは、今は少ないです。こういうスタイルというのは、音は飽くまで渋く、ビートはダンサブル。特にテディ・ライリー制作のThis is your Nightは、派手さはないものの、確実に踊れます。聴くと、どうしても、口ずさんでしまいます。

その友人は、青森の実家に就職し、年に1,2度は連絡していましたが、もう8年も会っていません。Telも数年していないな。
学生の頃の思い出です。

スポンサーサイト

テーマ:Hip Hop - ジャンル:音楽

ブラックミュージックと青春思い出日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<Lady Marmalade/Labelle---アニメオタク? | HOME | 『クーデター』と『猛禽の宴』/楡周平を買いました>>

この記事のコメント

(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!
せんせー、ウォークマン聞きながら
口ずさんでしもたんかぁ。。。
みんなが気味悪くなるっつう事はさ、
小声でなかったつう事け?
2006-05-05 Fri 16:36 | URL | 3mg #xMa9q5qg[ 編集]
油が浮いてるところに、洗剤のジョイを垂らしたみたくなってたからねw
しかも、わからん英語を自分流で言ってたから、余計に恐かったみたい
2006-05-05 Fri 20:25 | URL | 1-SHOW #frFvnjy2[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。