牡丹に蝶、オレにはBlack Music

BLACK MUSIC好きな1-SHOW(いっしょう)が送る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Fire/Ohio Playersを買いました

ohayofire.jpg

ということで、エロジャケ!

エロジャケシリーズということで、Ohio Playersのジャケのエロさは有名ですよね。
このFireは1974年発表。私が生まれた年。ということは、30年以上前のアルバムってことですよ。でも、こういうグルーヴってのは、この時代、FUNK全盛期ならでは。中でも、Ohio Playerは、何でもありって感じで、圧倒されます。音に圧力がある。
70年代FUNKで外せないバンドだって、印南さんも言ってますしね。
ところで、バブルガムブラザーズのバックバンドの名前は、OHAYO PLAYERSだったそうです。

さらっとアルバムの感想を

Fireだけに、サイレンの音でスタート。後は、どっぷりとこの世界に浸れます。
スロウな曲とアップな曲が半々になっています。どれも太いボトムライン。黒いです。
大所帯バンドだからこその荒削り具合がいいです。エフェクトがかかってもいますが、生ブラスの音とか、ハモってる?と疑問に思うコーラスとか、空間を感じさせるドラムとか、いい塩梅です。
結局、理詰めで云々語るよりも、愛聴して、身体を揺らしたくなるアルバム。
あとは、ジャケみて、笑いましょうw

リンク(こちから試聴できます)
HMV:Fire/Ohio Players
スポンサーサイト

テーマ:R&B - ジャンル:音楽

CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<Now Do U Wanta Dance/Larry Graham & Graham Central Stationを買いました | HOME | 頭、頭、あたまぁー♪>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

故郷の消防団分団です。なんと、まだ使われています。ちょっぴり出そうです。こういうちょっと荒廃した雰囲気と、それに対照的な存在のコントラストをみると、Mothership Connectionを思い出しますわ。↓なんか …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。