牡丹に蝶、オレにはBlack Music

BLACK MUSIC好きな1-SHOW(いっしょう)が送る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

好きなものはなーんだ?---My Body/LSG

何が好きかって

そりゃ、おっぱいが好きです。っていうか、男はみんなそうでしょ?
おっぱい星人なんて言葉が大昔に流行ったけど、そうじゃない。だって、ふたつの胸の膨らみは何でもできる証拠なんですよ(そんなテーマ曲のアニメがあった気がする)
なんか、「おっぱい」っていう響き。どことなく、人を幸せにする感じがあります。おっぱいハッピーです。

そういえば、こんなことも・・・

合気道の師範と「ブラジャーはなんのためにするのか」というテーマで口論になったことがあります。男にとっては永遠の謎です。
ガキのころ姉貴のブラを胸にまこうとしてちぎった経験もあります。ぶん殴られましたが・・・。そうそう彼女のブラを頭にかぶってるところを発見されて問題になったこともあります。
伊集院光は、ブラというのには抵抗があるそうで「おっぺかくし」と呼んでいるそうです。

そろそろ音楽に・・・

ブラックミュージックでも、おっぱいを強調するようなのってあって、例えば、ジャケでいうと、
ohayofire.jpg


580ohiobestedq.jpg

とか
386ptrocksoulsava.jpg

さらに
9p.jpg

みたいな。

曲でいうと、LSGのMy Bodyを思い出します。当時バイトしていたハンバーガー屋の店長と飲みに行くとき、車の中でこれを歌ってました。しっとりとメロウな曲なんですけど、キャバクラ(ニュークラ)に向かう二人にとって、わかりやすいフックと歌詞のエロさが、軍艦マーチのように気分を高揚させる起爆剤となりました。
その店長は本州の勤務となり、1度こちらに来たときにバイトみんなで歓迎会を開いたのですが、もう何年もあっていません。今はどうしているのかな。
話題のフックは、My Body on Your Body,BAby,Your Body on My Body,Babyって、アクが濃くコーラスが絡みます。
オマエほど、オレにぴったりな身体の持ち主はいない・・・

My Body/LSG

ジェラルド・レバート、ジョニー・ギル、キース・スウェットが夢の共演を果たした濃ゆいグループ。3人とも90年代を代表する3人のシンガー。非常にこってりしたアルバムになっています。トロトロです。
このアルバムが発表になったときは、私も夢心地で聴きまくっていました。発売前から、どんなアルバムになるかと先ほどの店長と話ていました。
実際、このMy Bodyが収録されている1stは大変に完成度が高く、ジャーメイン・デュプリやディディらのプロデュースが光り、黒く深い世界をさらに魅力あるものにしています。
昨今のR&Bシーンはトラックが先行して歌唱力がないなどとも言われています(私はそこまでは思わないけど)。でも、彼らが本物であることは、マチガイナイです。

リンク(こちらから試聴できます)
HMV:Levert Sweat Gill/LSG

スポンサーサイト

テーマ:* R&B * - ジャンル:音楽

ブラックミュージックと青春思い出日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<よくわからん | HOME | しまった!>>

この記事のコメント

私もブラジャーというのが恥ずかしくて
乳バンドと呼んでいます(笑)

殿方が乳バンドの意味がわからないのと
同じように、女のワタクシも、
なぜ、ちこっと何かがかすってくらいで
内股で震えるほど
金玉が敏感なのかが
わかりません(あ~あ言っちゃった)

たまたまでしょうか?(ああ・・)

おったまげた(あああ・・・)
2006-06-17 Sat 09:54 | URL | 天姫 #-[ 編集]
映画『ホットショット2』ご存知ですか?
冒頭でチャーリー・シーンが格闘をするシーンがあるんですが、相手が急所を蹴られた瞬間、観衆が「オゥ」と目を伏せてしまいます。
そんな男性のみに共有できる唯一の痛みが、タマの痛みです。
サッカーの壁になる人、バスケでスクリーンになる人、みんなおさえてますので、注目してみてください。
2006-06-18 Sun 01:00 | URL | 1-SHOW #1XLCEuoo[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。