牡丹に蝶、オレにはBlack Music

BLACK MUSIC好きな1-SHOW(いっしょう)が送る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Ain't No 'Bout-A-Doubt It/Graham Central Stationを買いました

ラリグラ

ファンクバンド、グラハムセントラルステーションの3枚目になるアルバムです。75年作。

dainamaitomyuzikku.jpg

おバカなジャケ。これぞ、ファンク。バカっていっても幸せな感じしません?こういうの好きです。バカボンの世界?
チョッパー奏法を発明したラリグラだけあって楽曲はどれもセンスがいいです。勢いでいく曲もあれば、しっとりとした曲もよい。近年、彼はバラードが主になっているそうなのですが、納得できます。

ライナーノーツより

再三でているチャッパー奏法は、ラリグラが母親とバンドを組んでいたときに、ドラムの人がよく抜けるので、ベースでドラム代わりのことをやって発明したのだそうです。すごいっすよね。
このアルバムは、発表時のバンド名が“Graham Central Station”。後期になると“Larry Graham &Graham Central Station”になって、ラリグラがソロ活動するための準備期間みたいになっていくのだそうです。
なるほど。
このアルバムでは、ラリグラのアレンジの下、バンドみんなが目立ってます。各自が自己紹介をしていく“The JAM”なんかがいい例かも。
紅一点パトリシア・チョコレート・バンクスがリードをとる曲もいくつかあります。当時のソウルファンのアイドルだったというだけあって好感触。白眉なのが“I Can't Stand The Rain”。アンピープルズのカバー。Missy Elliottの“The Rain(Supa Dupa Fly)”の元ネタ。しっとりと始まって、ファンキーに盛り上がっていきます。くぅ最高だぁ。
ラリグラのボーカルも好き。あの野太い声で縦横無尽に叫んでます。彼の声は、ちょっと愛嬌がある。
このアルバム、買ってからもう何度リピートしているかわからないのですが、飽きません。

バックボーン

いろいろと調べていると、こんな話が・・・
何度も言っていますが、ラリグラはスライ&ザ・ファミリーストーンでベースをやっていました。シンシア・ロビンソン(スライと高校時代にバンドの母体を作った)の従兄で、それがきっかけのようです。
まぁ、当時の風習に違わず彼も薬やってたらしいので、そのせいでツアーをキャンセルしたこともあるそうです。
ご存知の通り、スライもヤク中。その原因は、人種問題でブラックパンサー党からの圧力があったからでもあるそうです。彼はバンドをラリグラ(人気者だったらしい)にとられるのではないかと不安になり、本気で彼を殺そうとしたこともあるそうです。
耐えかねたラリグラは脱退、グラハムセントラルステーションの結成となります。実際、こちらには何人かついていったみたいです。
グラハムセントラルステーションの感想は(といっても、まだ2枚だけですが)、パワフルの一言。どの曲も大好きです。
バックボーンを知ると、だからこそ、彼らの音楽を楽しみたいって思えます。

閑話休題

このアルバムの裏ジャケはこんなの。

20060625223014.jpg

これって、米米CLUBのオクターブのアルバム・ジャケに似てると思いませんか?

1145119868577.jpg

パクってるとかって意味じゃなく、サンプリングって意味で。

とにかく

このバンドはパワフルで、なんでも飛び出してきちゃいます。アルバム毎にいろいろチャレンジしてるみたいだし。タワーオブパワーと共演したり、アカペラコーラスやったり、トークボックスつかったり、女性ボーカルを多くしたり、和音ベースやったりなどなど。
バリバリのベースが突出したパワフルサウンド。
アルバムの邦題がダイナマイトミュージック!文字通りダイナマイト級の迫力があります。
わぁーたしぃーは、ダイナマイト(ふられ気分でロックンロール)

リンク(こちらから試聴できます)
HMV:Aint No Doubt About It/Graham Central Station
スポンサーサイト

テーマ:* R&B * - ジャンル:音楽

CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<まっくろくろすけ---Best/Manhattans | HOME | The Truth/Aaron Hallを買いました>>

この記事のコメント

はじめまして!
このアルバムのバカボンっぷりは
マジで痛快ですね~
自由度満開で正に好き勝手
でも強烈に訴えかけるgrooveが!
共感票、1票です!
2006-06-28 Wed 02:54 | URL | ezee #-[ 編集]
はじめまして。
ほんとに、このgrooveは愉快痛快ですよね。
コメント、ありがとうございます。
2006-06-28 Wed 12:16 | URL | 1-SHOW #1XLCEuoo[ 編集]
GCSとは親兄弟の次に長い付き合いでございます。1976年頃にSoul Trainで見てKnock Out!されました。

暇があったら私のブログでも以前GCS特集をやっていたので是非ご訪問下さい!
2006-06-29 Thu 01:06 | URL | Hidekichi #-[ 編集]
>Hidekichiさん
コメント、どうもありがとうございます。
ソウルトレインってことは、動いている映像をみたってことですよねー???
羨ましいなぁ。
ブログ、明日にでも拝見させていただきます。
2006-06-29 Thu 02:15 | URL | 1-SHOW #1XLCEuoo[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。