牡丹に蝶、オレにはBlack Music

BLACK MUSIC好きな1-SHOW(いっしょう)が送る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ベ○ータ---STAX

20060704172137.jpg

小学生の塾生と遊んでいたときに描いた顔。どことなく、指を髪に例えると、サ○ヤ人っぽいということで、ベ○ータと名づけました。
普通に似てないですけどね。



stax.gif

なんとなく、このSTAXのマークを思い出しました。
STAXは60年代から70年代前半にかけて活躍したソウルレーベルって、知らない人はいないでしょう。
このブログでも度々話題にあげています。
ドラマティックス、リトルソニー、ジョニー・テイラー、ステイプルシンガーズ、アルバートキング、ブッカーT&MG’s、アイザック・ヘイズなどなど。
同じく老舗レーベルであるモータウンは優等生な音が多いのに対して、スタックスは、ブルージィで埃臭い魅力があります。モータウンが出来杉くんで、スタックスはジャイアンみたいな・・・ってひどいたとえですねw
私がこのレーベルを知ったのは、1996年、スタックスの音源が再発されることが決定し、BMR(当時はブラックミュージックリビュー)誌にて、オマケCDつきで紹介されていたときでした。
あれから10年、こうやってじっくりと聴ける状況になれたことに感謝感謝。
スポンサーサイト

ブラックミュージックと青春思い出日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<宇宙ファンク愛 Universe, Funk And Love/Freefunkを買いました | HOME | 熱中時代---El Nino/Def Squad>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。