牡丹に蝶、オレにはBlack Music

BLACK MUSIC好きな1-SHOW(いっしょう)が送る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Play With Bootsy -A Tribute To The Funk/Bootsy Collinsを買いました

kanlekitikaiyo.jpg


ファンクだよ全員集合!

が、邦題です。言いえて妙というヤツで、ブーツィの下にファットジョー、スヌープ、ファットボーイスリム、チャックD(彼はボーナストラックですが)などなど、様々なメンツが集っています。まさに全員集合。
P-FUNKのベーシスト、ブーツィ・コリンズの02年作品。どの曲もベースが気持ちいいです。



プロデュース陣も統一されていないので、曲ごとの印象が全然違います。だけど、そういうのって時代なんじゃないかなと思うのですよ。それに、いろいろ詰まっていて楽しめるし、どこをとってもベースがブイブイいってます。やっぱり、大事なのはそこなのでわ?

横山剣

がライナーノーツに一言書いています。クレイジーケンバンドのボーカルですね。ブーツィのインタビュー記事に「なぜ、そんなに大きな音を出してベースを演奏するの?」という問いに「寂しいからだよ」と答えていたそうです。惹かれます。オレも、生徒に声が大きい理由を聞かれたら寂しがり屋だからと答えます。

ジャケ

これで、50歳すぎてます。や、さすがです。
ファンクファンの方にとっては基礎知識でしょうが、彼は17歳のときに、オリジナルのJB's(!)に抜擢されてます。そして、御大ジェイムス・ブラウンよりも目だってしまい追い出されてしまいます。このジャケみたら、なんかわかる気がする・・・
スポンサーサイト

テーマ:* R&B * - ジャンル:音楽

CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<気分はフリーファンキー/Free Funkを買いました | HOME | Street Songs (Deluxe Edition)/Rick Jamesを買いました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。