牡丹に蝶、オレにはBlack Music

BLACK MUSIC好きな1-SHOW(いっしょう)が送る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Live At The Harlem Square Club, 1963/Sam Cookeを買いました

きっかけは

hidekichiさんのブログでサム・クックの話がありまして。よくあるベスト盤ならもっていたのですが、こういうライブ盤があるのを初めて知り、ネットで試聴したら、よかった。
ベスト盤では、スムーズで柔らかな印象だったサム・クックがライブでは、シャウトし、お客を煽り、熱く歌っています。
バックバンドは、キング・カーティスのバンドっていうのもその要因のひとつだそうで、あっと言う間に通して聴いてしまいました。

ただし・・・

ネットでみたり、hidekichiさんのブログでみると、ジャケがこういうのでした。

674kakkoiize.jpg

かっこいいですよねぇー。

それが注文して届いたジャケはこれ。

20070121120529.jpg


悪くはないのですが、前者を期待していただけに。。。
輸入盤・国内盤の違いかもしれないし(私のは国内盤)、発売年で違うのかもしれないし(届いたのは消費税が3%の時代のもの)、中身はいっしょだからいいのですが、ちょっぴりがっかり。

リンク
HMV:Live At The Harlem Square Club, 1963/Sam Cooke←ここから試聴できます。
吉田英樹の音楽コラム
スポンサーサイト

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<No Parking On The Dance Floor /Midnight Starを買いました | HOME | 高校時代の話③-楽しい部活動>>

この記事のコメント

オリジナルのジャケは1-SHOWさんのところに届いたものですよ。上の物は最近復刻した物です。

左側のSaxはKing Curtisでしょう。当時Samのバックは彼のバンドがやっていたんですよ。ちょっと荒い演奏ですが、Samが自由に歌いまくってる様は最高!ビッグバンドではこうはいかない。

ちなみにKing CurtisはAretha FranklinのFillmore West LIVEでもバックをやっていて、おまけにバンドが前座で演奏しています。
両方ともにCD化されてますが『Don't Fight The Feeling』と言うタイトルで両方をセットにして(未発表曲もあり?)出てますよ。両作とも名盤と言われています。是非聞いた方がいいですよ!
2007-01-23 Tue 02:31 | URL | hidekichi #-[ 編集]
>両作とも名盤と言われています。是非聞いた方がいいですよ!
了解です!
探してみます!!

ジャケの件、教えてくださりありがとうございます☆
勉強になります。
2007-01-23 Tue 13:00 | URL | 1-SHOW #1XLCEuoo[ 編集]
婚約指輪(エンゲージリング)を探すなら http://www.stumpwaterrock.com/216129/206952/
2008-09-27 Sat 11:45 | URL | #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。