牡丹に蝶、オレにはBlack Music

BLACK MUSIC好きな1-SHOW(いっしょう)が送る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Fulfillingness First Finale/Stevie Wonderを買いました

firstfinare.jpg


☆33になりました(ぞろ目)

今日、6月13日は誕生日でして、33になったわけです。父も、姉もこの年齢で結婚しているので、プレッシャーだったりします。
仕事は、公休をいただいて、昼間は友人と食事。ショップをまわり、夜は飲みに行ってという1日だったのですが、記念になるアルバムを1枚買おうかなと。
で、FunkadelicのTales Of Kidd Funkadelicも考えたのですが、ジャケが

talesofkiddfukadelic.jpg

な感じなので、せっかくの誕生日、ハッピーな気分なのにダークなのもなぁーということで、Stevie Wonder。
ちょうど、私が生まれた74年の作品ですし。

Stevieといえば、神とも呼ばれる存在ですが、このアルバムは、彼が交通事故にあい、嗅覚と味覚もなくし、そこから回復しての作品です。
アルバム全体は、FUNKナンバーは少なく、全編落ち着いて、平和な気持ちにさせてくれます。
ヘビーローテーションというよりは、大切な時間に聴いていたい、そんなアルバム。
Talking Book、Innervisionsに続く3部作の最後を飾る、彼の人生最初のフィナーレの作品。ジャケも意味深です。

リンク(ここから試聴できます)
HMV:Fulfillingness First Finale/Stevie Wonder
スポンサーサイト

CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<GLAMAROS FUNK #1 | HOME | ヘアーとTシャツとサイン>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。