牡丹に蝶、オレにはBlack Music

BLACK MUSIC好きな1-SHOW(いっしょう)が送る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Duets: Final Chapter/Notorious B.I.G.を買いました

tntb04


今年最後に買ったアルバムです。ビギーの最後のアルバム。賛否両論あるみたいです。確かに、エミネムとやった曲なんかは、もろエミネムのトラックって感じだし、HMVのリビューで見ましたが、その豪華な客演陣をみていると、派手なミックステープを聴いてるような感覚になります。その辺がつっこまれているようですね。
私も、タワレコでかかっているのを聴いたときには、がっかりしてしまいましたが、違うんですよ。邦題をみて、納得しました。「狂宴」とつけられているこのアルバムは、そんな祭の位置付けでいいんじゃないかな。何せ、狂宴ですから。だから、KORNなんてのが客演していても、不思議ではないんでしょう。そういえば、KORNの新しいアルバムは、スヌープら有名ラッパーがメンバーに扮したPVらしいですね。や、でも、やっぱKORNだのマリリンマンソンだのが客演するのは、私としては嫌です。
ま、そういうのはさておき、ビギーの存在感、これだけのメンツがラストアルバムに終結するんだぞっていうのは、ほんと、歴史に残るでしょうね。
そういう記念碑のようなアルバム。最後のアルバムということで、本当にひとつの時代の経過を感じさせます。

ここからは31日に書いています。notraxのレビューと私がまるっきり同じ感想だったことに驚いてしまいました。ここにある通り、本当の意味でのクラシックにはならないでしょうが、歴史には残るのは間違いないですね。
スポンサーサイト

テーマ:Hip Hop - ジャンル:音楽

CD購入:HIP HOP | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<スロウスタート | HOME | O.C./ Word...lifeを買いました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。