牡丹に蝶、オレにはBlack Music

BLACK MUSIC好きな1-SHOW(いっしょう)が送る日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Dance To The Music/Sly & The Family Stoneを買いました

20070803102925.jpg


※買ったのは、7/31

☆CSがきっかけ

CSでウッドストックのドキュメント映画が放送されていました。ちょうど、かけた頃にスライの登場。かっこよかった。
キラキラの衣装を着て、「恥ずかしがらずに右手をあげるんだ」「ここは格好つけるための場所じゃない」と、観衆に話しかけます。
Higher!みんなでピースサインを高々とあげる。しびれました。

同じく、深夜のCS。これもチャンネルがどこか忘れましたが、「70年代ディスコサウンドを納めた」というCDが通販番組で紹介されていました。Kool&The Gangとか、Heatwaveとか、EW&F、Chicなどなど、お馴染みのナンバーがかかっている中、Dance to the Musicがかかりました。スライたちはうつっておらず、昼間の公園でショボイ合成のお姉ちゃんが踊っているのです。そこに、このジャケが切り込んでくるのですが、もうちょっと凝ってほしかった。ま、深夜のCMにそこまで期待はできませんが・・・

同時期に、そんな体験をし、このアルバムを買いました。前述の2曲、もちろん、収録されています。先日、発売された紙ジャケ・リマスターです。

☆シャコタンブギ

10年以上前にヤンマガで連載されていた『シャコタンブギ』でスライの話題が出てきました。
「スライの状態のいい音がなくて、当時新品のLPからテープに落とした」なんてセリフがあったのですが、今はいい時代になりましたね。いい音で、しかも当時のレコジャケを再現したものが手に入るのですから。

このアルバム、SLYの中での評価はともかく、私は好きですね。どの曲も前向きなパワーに溢れています。特に、キーボードに趣があって、好印象。
通勤中に聴くと、元気になるアルバムです

Dance To The Music/Sly & The Family Stoneを買いました…の続きを読む
CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |

La La Means I Love You/The Delfonicsを買いました

20070830030733.jpg


※買ったのは、7/31

☆耳に残るサビ

先日、「3大ソウルテナー集結!」などという記事をHMVで見つけました。ファルセッター3人が集結という内容。
何気なくそれぞれの代表曲を視聴していたら、「おっ、この曲は!」とても懐かしいフレーズが聞こえてきました。それが、LA―LA means I love you
美しいファルセットと涼しげなコーラス。なぜか、学生時代、ラジオで聴いた記憶があります。これは、感動の再会です。
それからずっと、サビが耳について離れず、タワレコで、ジャケをみつけたときには、もうレジに並んでいました。
ってか、このジャケ、昭和のヒーローの登場シーンみたいで、面白い。


☆想像するだけで笑みがこぼれる
 
 この曲は、「ららら♪」と歌っている息子をみて、愛を伝えようとしてると感じたのがきっかけで作成されたそうです。
なにか、その場面を想像するだけで、幸せな気持ちになりませんか?
きっと、家族そろった夕食時に、ヨチヨチ歩きの子がちゃぶ台(←この時点でアメリカではありませんが)を支えにして、ふらふら身体を揺らしながら、一生けんめい歌っているんだろうな。なんて、私は想像してしまいます。TVには、東京フレンドパーク、もしくはサザエさんあたりがかかっていて、お母さんは、割烹着。


暖かさを思い出させる曲です。
La La Means I Love You/The Delfonicsを買いました …の続きを読む
CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |

BLUE MAGIC/BLUE MAGICを買いました

20070830030043.jpg


※買ったのは、7/31

☆余興

SIDE SHOWの意味は、「余興」だそうです。残念ながら、この国内盤に対訳がないので、この曲の雰囲気をすべて理解し、伝えることはできません。恋に破れて涙する男性と、同じく女性の話をしています。
訳がはっきりしないので、なんともいえませんが、その悲しみにくれる二人がくっつくなんて詞だったら、いいな。まさに「余興」。【ブルー】な空気もふっとぶ【マジック】ということで。

☆トトロ

MIXIで、この曲を紹介されている方がいらっしゃったのです。
曲を聴いて、もうトロトロになってしまいました。切ないファルセットが聴く人を軟体動物にします。タコです、イカです、スライムです。
いいんです。優しくなれる。
でも、場合によっては、ダウナーに働きます。気分を高揚させたいときに甘茶ソウルは、逆効果。一人酒のお供に聴くと、泣きが入るの間違いなしです。
でも、そんな甘茶ソウルが好きな、私だったりします。
BLUE MAGIC/BLUE MAGICを買いました…の続きを読む
CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |

ドラマはほとんどみないボクだけど

☆気は優しくて、力持ち
『山田太郎物語』は、ドカベンの実写版ではないことがわかりました。


☆ドラマといえばってわけでもないのですが
NoMoreDramanewedition.jpg

今日、Mary J. BligeのNo More Drama-NEW EDITONNを買いました。
Dr.Dreがプロデュースした“Family Affair”が好評で、私も発売された当時、買っていたのですが、いつの間にか手放していました。
会社帰りのブックオフで200円の国内盤を発見。あっさりと購入しました。
リンク先のP.V.では、Dreがシャックのジャージを着ているのがちょっとうれしい。

http://www.youtube.com/watch?v=uh1tsN1KmJA



テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |

Fulfillingness First Finale/Stevie Wonderを買いました

firstfinare.jpg


☆33になりました(ぞろ目)

今日、6月13日は誕生日でして、33になったわけです。父も、姉もこの年齢で結婚しているので、プレッシャーだったりします。
仕事は、公休をいただいて、昼間は友人と食事。ショップをまわり、夜は飲みに行ってという1日だったのですが、記念になるアルバムを1枚買おうかなと。
で、FunkadelicのTales Of Kidd Funkadelicも考えたのですが、ジャケが

talesofkiddfukadelic.jpg

な感じなので、せっかくの誕生日、ハッピーな気分なのにダークなのもなぁーということで、Stevie Wonder。
ちょうど、私が生まれた74年の作品ですし。

Stevieといえば、神とも呼ばれる存在ですが、このアルバムは、彼が交通事故にあい、嗅覚と味覚もなくし、そこから回復しての作品です。
アルバム全体は、FUNKナンバーは少なく、全編落ち着いて、平和な気持ちにさせてくれます。
ヘビーローテーションというよりは、大切な時間に聴いていたい、そんなアルバム。
Talking Book、Innervisionsに続く3部作の最後を飾る、彼の人生最初のフィナーレの作品。ジャケも意味深です。

リンク(ここから試聴できます)
HMV:Fulfillingness First Finale/Stevie Wonder
CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |

Marvin GayeのMidnight Love(レガシーエディション)を買いました

☆ジェラシーでも、曽我氏でも、ファンケンテレシーでもなく、レガシー

レガシーエディションのため、厚い解説とボツ音源集がついています。もちろん、デジタルリマスターです。
ボツ音源集の中には、Rick Jamesがプロデュースした曲もあり、ちょっと意外でした。実は、MarvinとRickで女性をあらそったこともあり、因縁めいたものはあったようですね。

経済的な問題だとか、性的な問題だどか、人間関係だとか、クスリだとか、複雑で深刻なバックボーンがMarvinにはつきまといます。
もちろん、表層的に彼の楽曲をとらえるよりも、そういうことを踏まえた上で聴いた方がよりよいことはわかります。でも、そればかりに囚われることもないのでは?
Sexual Healingの楽しげなPVをみると、そういう気持ちになります。

Marvin GayeのMidnight Love(レガシーエディション)を買いました…の続きを読む
CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |

1日の話。。。STAND!

☆Tシャツを買いました。

20070502181956.jpg


Make Moneyってセリフとお札を印刷しているプリントです。
なぜか、首のタグがべろ~んと長くなってます。これには切り取り線があって、フェイクの時計として腕に巻けるようになってるそうです。安全ピンでとめるようになってるようなんですが、さすがにそこまではしないっすよ。

☆Stand!/Sly & The Family Stoneを買いました

455standsly.jpg


話題の復刻盤ですよ。
紙ジャケ国内盤。封を開けたら、これは“神”ジャケといってもいいくらい。

20070501220802.jpg


当時のレコードを思わせる帯(【スライとファミリーストーン】という当時の表記になっているなど、二クい心遣い)、さらにジャケのつくりもLPを思わせるつくりになっていて、それだけでも満足。
さらに、ライナーが濃ゆいのなんのって。海外版のライナーもついてて、その和訳まであります。

中身はというと、1曲目のStand!を聴いただけで泣きました。なんて前向きなパワーのあふれている曲なんでしょう。
歌詞もいい。Everyday Peopleの詞、時代を反映しているなんて言い方もできるのでしょうけど、混沌とした現在にも当てはまるのではないでしょうかねぇ。「正しいことも悪いこともあるけれど、信じるものはボクの歌の中にある」「ボクを愛し、ボクを憎しみ、ボクをわかったと思ったら、またわからなくなる」ね?そう思いません?

余計なことをいうより、ただ一言、GOOD MUSICだと言いたい、そんなアルバムでした。

YOU-TUBEに動画がありました。
Slyの笑顔が穏やかな気持ちになります。

1日の話。。。STAND!…の続きを読む
CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:2 | トラックバック:0 |

Black Rock/Bar-Kaysを買いました

shaftsannnomusukosann.jpg


ライナーノーツこれでいいのか?

本などで読む限り、このアルバムはBAR-KAYSの黎明期だったそうで、ライナーノーツにも、オリジナリティがないのがオリジナリティのようにあまりいいことが書いてませんでした。amazonのアルバム紹介にも、ちょっとがっかり。

概要

オーティス・レディングのバックバンドを務めていた彼らは、67年レディングのツアーのときに飛行機事故にあい、メンバー2人を残し亡くなってしまいます。
で、再出発した時期にあたるのが、71年のこのアルバムというわけです。
60年代っぽい曲もあり、タイトル通りロック(サイケ)っぽい曲もあり、71年、時代の変化を感じさせる内容です。ジャケもアイズレーみたいですしね。
実は、このアルバムが再発されるときに5曲、追加されていて、その中のひとつが、SON OF SHAFTなのです。WATTSTAXでの演奏が有名で、YOU-TUBEにその動画があるのですが、見ると熱くなれます。実は、これが楽しみで買ったんですわ。

参考リンク
HMV:Barkays - Black Rock


Black Rock/Bar-Kaysを買いました…の続きを読む
CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |

Ladies Night/Kool & The Gangを買いました

]0296.jpg


サンプリングいっぱいされてますね

どっぷりはまってしまったK&Gです。表題曲は超有名ですよね。それにToo Hotとか、HIP HOPでも何曲にサンプリングされたかさっぱりわからんほどです。大好きなHeavy D&The Boyzの曲でもサンプリングされてました。
それが、タワレコで注文しても入荷できないって言われて、HMVの通販で買いました。
この頃から、JTタイラーを迎えK&Gは方向性が変化していったそうなのですが、これもこれでいいっす☆

赤丸

ジャケの右下に赤い丸が見えますよね?
「Prixeless」って書いてます。1000円しなかったからラッキーなんて思ってたら、がっちり「廉価版です!」みたいになっているのが、返っておもしろかったっす。

参考リンク
HMV:Ladies Night/Kool & The Gang
動画もありましたので

Ladies Night/Kool & The Gangを買いました…の続きを読む

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |

Euphrates River/Main Ingredientを買いました

egakowaissu.jpg


シルキーボイスってやつ?

HMVのHPに特集があって、それで知ったグループなんですが、その上品なボーカルにやられました。
アルバムのほとんどがカバー曲ばかりなのですが、それもそれでよし。

ジャケ

タイトル通り雄大なジャケなのですが。なぁーんかよくみると、怖い感もありぃー。。。

ふかわ

ふかわりょうの昔のネタに
「先生、チグリスだけじゃだめなんですか?」ってあったのを思い出しました。

参考リンク
HMV:Euphrates River/Main Ingredient
--SOUL SYSTEM---
CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |

Light Of World/Kool & The Gangを買いました

raiybisaugitrrejibbabjabz[.jpg


桜吹雪

とあるSNSで本格的に知ったK&Gですが、かっこよすぎます。
時代劇でいうなら、里見光太郎でも、高橋英樹でもなく、杉良太郎って感じ。伝わるかなぁー
荒っぽいようで、スマートで、かっこいいんです。

本やネットの話だけど

このアルバムは74年作品。彼らは、このあと、JTタイラーを迎え、バンドの方向転換を行うそうです。有名なLadys Nightとかですね。ということで、Ladys Nightも注文しました。今日、届く予定です。どれほど、様変わりしているのか、楽しみ。

参考リンク
HMV:Light Of World/Kool & The Gang

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |

C'est CHIC/CHICを買いました

osalefreak.jpg


あさ

朝きける音楽ないかなーって思って。そうすると、ディスコなんていいんじゃないかなって思ったんです。
そこで真っ先に思い出したのが、「Le Freak」(邦題:おしゃれフリーク)の「あぁー♪」ってサビのところ。

よく

よく、「CHICの間がすごい」なんて話がありますけど、まさしく!
ホントにオシャレなんですよ。
街中歩いてる男でも、ありふれたかっこうじゃないんだけど、派手すぎず、「あ、こいつセンスいいな」って思わせるヤツ、いるじゃないですか。あんな感じ。

参考リンク
HMV:C'est Chic/CHIC

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

CD購入:SOUL、R&B、FUNK | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。